顔 たるみ

顔のたるみのサイン

母の滴

顔のたるみは年齢を重ねるとともに気になってくるものではないでしょうか。

顔のたるみを防ぐにはいち早くそのサインに気が付き早めの対策をとることが重要です。

 

顔のたるみが始まっているサインとはどのようなものなのでしょうか。頬を指先で押してみても中から戻ってくる感じがしないときはたるみが起こっている証拠です。

 

それは若いときのような肌の弾力がなくなっているのです。写真を撮ったときになんとなく輪郭がぼやけてみえる場合もたるみのサインだといえます。

 

起床時に、まくらの痕跡が頬にばっちりついたままだという人は少なくないようです。年をとって、頬のたるみが始まったてきた感覚は、日常生活の中で知ることができます。

 

老け顔の原因

 

母の滴

年齢と共に重力に負けてしまっている顔のたるみは、日々のいろいろな場面で気づかされます。年齢とともに起こる顔のたるみは老け顔の最大の原因になります。

 

鏡で顔をチェックしたときに毛穴の様子でも顔のたるみがわかります。特に目の下、鼻の横あたりは要チェックです。頬の毛穴が穴のあいた平たいゴムを引っ張ったら穴が広がって見えるように、楕円形になったら顔のたるみが始まっている証拠です。

 

手のひらで頬を支えたときに、伸びていた毛穴が目立たなくなったら、そのぶんは肌のたるみと考えられます。皮膚のたるみは少しずつ現れるもので、急にできるわけではありません。

 

日頃から顔をよく見ておくことが大事です。